失敗しても失わない自信をつける方法

 

生き辛いOL

こんにちは、生き辛いOLです。

 

突然ですが

自信がつく(ある)

ってどんな状態だと思いますか?

 

ダイエットをして綺麗になったら?

資格に合格したら?

すごいことを成し遂げたら?

人より優秀になれたら?

 

多くの人が「○○ができたら」「できるようになったら」自信がつくと思っているのではないかと思います。

 

生き辛いOL

ですが、それには1つ

落とし穴が・・・

 

『何かができる状態=自信がある』だと、

それができなくなった時にその自信は失われてしまうからです。

 

生き辛いOL

私はうつ病になって、今まで当たり前にできていたことがすべてできなくなり、とても自信を失いました…

 

そんな私ですが、実は今、けっこう自信をもっているなぁと感じています。

 

何かすごいことができるようになったわけではありません。

生き辛いOL

うつ病になる前よりも、できないことはまだまだ多いです…( ̄▽ ̄;)トホホ

 

そんな私が、なぜ自信をもてるようになったのか?

 

その方法を3つサクッと紹介した後、

なぜその方法で自信がつくのか説明していきますね。

 

自信をつける方法①

 

自信をつける方法②

 

自信をつける方法③

 

【重要】なぜこの3つで自信がつくの?

1、自分の感情を否定しない

2、ありのままの自分を受けいれる

3、出来てることにも目をむける

生き辛さ脱出のために、他の記事でもよく紹介しているこの3つ。

自信がない人

え、これで自信なんてつくの…?

理由を知らないと、そう思うかもしれません。

 

冒頭でも書いたとおり、

『何かができる=自信がある』だと、

それが出来なくなった時や失敗した時に自信を失ってしまいます。

 

特別なことができなくても

失敗しても無くならない「自信」とは、

何かができる「自信」ではなく

 

自分を信頼できる「自信」です。

 

「自分を信頼できる自信」とは、どういうことかというと

自分がどんな状態になっても、そんな自分を私は受けいれてくれる

という自信です。

 

失敗した
働けなくなった
落ちこんだ
コンプレックスがある

こんな自分を何時間も、何日も、何年も責めてはいませんか?

 

自分に自分を責められ続ける。

嫌われつづける。

これがなかなかキツイ。

 

自分のなかに大きな敵が住んでいるようなものです。

 

逆に、

『どんな感情をいだいてもいいんだよ』

『得意なこと、不得意なこと、どんなあなたも丸ごと受けとめるよ』

『出来ないことだけでなく、出来てることもあるよね』

 

こんな大きな味方が、24時間自分と一緒にいてくれるところを想像してみてください。

 

ものすごく心強くないでしょうか?

 

自分自身が味方になる

自分がどんな状態になっても受けいれてくれるので

失敗を過度に怖がることがなくなります。

やってみたいな、と思ったことに挑戦しやすくなります。

 

これが自分を信頼できる「自信」です。

 

まとめ

 

生き辛いOL

とはいえ、この①~③ができないから苦しんでるんだよ!という人も多いですよね。

生き辛いOL

①~③の攻略法を👇👇👇にまとめておくので、参考にしてみてください。

①感情を否定しない

 

②自分を受けいれる

 

③出来てることにも目を向ける

生き辛いOL

今までずっと自分の敵でいた人は、すぐには自分を信頼できないかもしれません。

 

生き辛いOL

上の3つを心がけて、根気強く「私はあなたの味方だよ」と自分に教えてあげてくださいね。