【8月】オススメ本まとめ 「 夜と霧 」等

 

読み始めたら最後まで一気に読まないと気が済まなくなるような良書に恵まれた8月。

簡単に感想をまとめてみました。

 

次に手に取る本の参考にしてみてくださいね^^

 

本の注文は、送料無料で最短翌日に届くAmazon Primeがオススメです👍

 

1)「夜と霧」

https://twitter.com/engawa_akari/status/1031512872336089088?s=20

 

ヴィクトール・フランクル 著 

「夜と霧」

 

1記事つかって感想を書こうと思って、どうしても気持ちを文字にできなかった作品。

筆舌に尽くしがたい気持ち」とはこういうものかと思わされました。

 

「なぜ生きるかを知っている者は、どのように生きることにも耐える」

自分を待っている仕事や愛する人間に対する責任を自覚した人間は、生きることから降りられない。

「第2段階 収容所生活」より抜粋

 

収容者であった精神学者のフランクル氏が、自殺をしようとする収容者に行ったメンタルケアは

生きる目的をことあるごとに意識させる”こと。

 

うつ病を経験したことがある人、人生で絶望を味わったことがある人は、少なからず心に響くものがあると思います。

 

created by Rinker
¥1,620 (2018/12/11 21:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

2)旅猫リポート

https://twitter.com/engawa_akari/status/1030016535866175488?s=20

 

有川浩 著

「旅猫リポート」

 

最近読んだ本のなかでも断トツに癒されました。

 

主人公と猫のナナがワゴンに乗って旅をするお話。

猫のナナが猫視点で語るシーンが多くあり、主人公とのやりとりに心が温かくなります。

 

そして旅の結末には泣かされました。

 

ねぇサトル。

旅が始まってからサトルの育った町を2つ見た。農村を見た。海を見た。

これから僕たち、この旅が終わるまでにどんな景色を一緒に見られるんだろうね。

「2、ヨシミネ」より抜粋

 

サクサク読めて癒され泣ける。

人にオススメしたくなる1冊です。

 

created by Rinker
¥691 (2018/12/11 21:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

3)豆の上で眠る

https://twitter.com/engawa_akari/status/1034734609416646658?s=20

 

湊かなえ 著

「豆の上で眠る」

 

2歳上の姉が失踪した。

スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者のうわさ。

必死に探す家族の前に、2年後、姉を名乗る見知らぬ少女がかえってきた。

喜ぶ家族の中で、自分だけが微かな違和感を抱きつづけている。

お姉ちゃん、あなたは本物なの?

たどり着いた真実に足元からくずれおちる衝撃のミステリー。

「豆の上で眠る」あらすじより抜粋

 

 

あらすじを読んで「これは絶対に面白い」と思いすぐに購入しました。

 

女児誘拐」というショッキングな事件が小学1年生の目線で臨場感たっぷりに描かれているのと、

大好きだった姉に感じる違和感の正体が少しづつ明らかになっていく様子にドキドキしながら最後まで一気に読みました。

 

難しい言い回しもなくサクサク読めるので、普段ミステリーを読まない人にもオススメです。

 

created by Rinker
¥637 (2018/12/11 21:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

OLあかり

すっかり湊かなえさんのファンになり、他作品を爆買いしました。

 

4)本日は、お日柄もよく

 

created by Rinker
¥700 (2018/12/11 21:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

原田マハ 著

「本日は、お日柄もよく」

 

ごく普通のOLが、出席した結婚式で涙がでるほど感動的なスピーチに出会う

 

そのスピーチを行ったのは、”スピーチライター”という聞きなれない職業の女。

 

そのスピーチに魅せられた主人公は、すぐさまその女のもとに弟子入りし、スピーチのいろはを学ぶことになる。

 

結婚式から、まさかの政権交代まで?!

スピーチが与える影響と魅力がよくわかる1冊です

 

本文は主人公がスピーチライターとして駆け上がっていく熱いお仕事ストーリーですが、

実際につかえるスピーチの技がところどころに出てくるので実用書としても読むことができます。

 

OLあかり

結婚式で友人代表のスピーチやる前に読みたかった…!!

 

5)こんな人にオススメ

 

いかがでしたか。

 

「夜と霧」→静かな夜に、人間の本質を感じたい人に

 

「旅猫リポート」→癒されて泣けるストーリーを読みたい人に

 

「豆の上で眠る」→続きが気になって仕方がないドキドキ感を味わいたい人に

 

「本日は、お日柄もよく」→熱いお仕事ストーリーを読みながら、役に立つ情報もほしい人に

 

こんな人にオススメできる本たちです。

 

次に手に取る本の参考にしてみてくださいね^^

 

📚Amazon Primeで本を注文する📚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください