緊張しやすい、不安になりやすい「私」の落ち着け方

 

生き辛いOL

こんにちは、生き辛いOLです。

 

『仕事で人前で話すことがあり、うまくできるか今から不安で仕方ありません。』

『ちょっとした自己紹介でも緊張して言葉がでてこなくなります。』

 

こんな風に緊張不安に関する質問をいただくことがあります。

 

私もドがつく小心者で、ちょっとしたことで緊張したり不安になったりするのでよくわかります…(´;▽;`)

生き辛いOL

人前で話す時なんて、夢でうなされたりお腹いたくなったり…笑

 

「これだけやったんだから大丈夫、と思えるくらい準備しろ。」

 

なんて言葉もありますが、どれだけ準備をしようが緊張するものは緊張するんだよ…!!

 

今回は、そんな私が緊張や不安に襲われた時にやっている

自分を落ちつかせる声かけ

を2つ紹介します。

 

緊張や不安は、消そうとするより〇〇〇〇〇

 

生き辛いOL

そもそも、なぜ私たちは緊張したり不安になったりするんでしょう?

生き辛いOL

最初に、ちょっとだけ脳のことについてお話しますね。

 

 

 

いつもと違うことをしようとすると、たとえそれが生死にかかわることでなくても

 

それ大丈夫?

危なくない?

 

と、脳は私たちを今の状態にとどめようとします。

 

なので緊張したり、不安になった時は、脳が私たちを生かそうと頑張ってくれている時

 

つまり、緊張や不安は、私たちの味方なのです。

 

おそろしいほどの緊張や不安に襲われると

「早く消えろ!どこかに行け!」

と消そうとする人が多いですが、

 

有名な心理実験によると、考えちゃいけない、忘れなきゃ、と思うことほど強く頭にのこってしまうことがわかっています。

 

なので、消そうとするのは逆効果。

 

緊張したり不安になった時は、こんな風に自分に声をかけてみてください。

 

緊張や不安は、なくそうとするよりそういう機能なんだと受け入れる。

 

そのうえで

 

『大丈夫だよ』

『死ぬようなことじゃないんだ』

 

と自分に言い聞かせてあげると、ふっと気持ちが軽くなりますよ。

 

自分を「良く」見せようとしてない?

 

人は、自分を「良く」見せようとすると緊張します。

 

ここでの「良く」とは、自分が持っているもの以上に自分を大きく見せようとしているということです。

 

緊張でガチガチなのに、そう思われないように。

初対面の人になんとか良い印象をのこしたい。

馬鹿だと思われないように。

できる風に見られるように。

 

生き辛いOL

緊張した時のことを思い出してみてください。

生き辛いOL

自分を「良く」見せようとしていませんでしたか?

 

自分を「良く」見せようとすると、

ハリボテの自分を掲げて、本物の自分がばれないよう必死になるわけですから、これでは緊張して当然。

 

なので、たとえばこんな声を自分にかけてみてください。

 

「良く」見せようとしなくていい。

今の私をそのまま出すだけ。

 

そう自分に声をかけてあげると、こわばっていた肩の力がいい具合に抜けてくれますよ。

 

☝ちょっとひと足し

 

生き辛いOL

2つの声かけにプラスして、私がとりいれている簡単な方法を紹介しますね。

 

①香り

嗅覚は、脳に働きかけるスピードが速い感覚なので、香りをつかって気分を変えることは、かなり即効性があります。

 

生き辛いOL

いいにおいをかぐと、簡単に、すぐ良い気分になれますよね。

 

なので、緊張したり不安になった時は、衣類にシュッとつけることができるフレグランスやアロマで気分をリフレッシュ。

 

リラックス作用がある香りで私がよく使っているのは

【柑橘系】

・オレンジ

・マンダリン

・ベルガモット

・シトラス

【植物系】

・ひのき

・白壇

・ネロリ

・カモミール

 

香りをかぐことで呼吸も深くなり、さらにリラックス効果が高まります。

お気に入りの香りをぜひ見つけてみてください。

 

②セルフ撫で・セルフハグ

誰かに身体を撫でてもらったり、ハグされると落ち着いた経験はありませんか?

実はこれ、自分で自分にやってあげても効果があります。

 

なるべく自分の体温を感じさせるように撫でたり、自分をハグするのがポイント。

 

2つの声かけ「大丈夫。大丈夫。」などと言葉をかけながら自分を撫でてあげると、より効果的です。

 

③深呼吸

今さら書くことでもないほどよく知られている方法ですが、やはり呼吸は大事です。

 

緊張したり不安になっている人は、自分が思っている以上に呼吸が浅くなっています。

 

なので、ちょっと大げさかな?というくらい深呼吸をしてみる。

 

窓をあける。外に出てみる。

なるべく新鮮な空気を体のなかにいれてあげましょう。

 

まとめ

 

生き辛いOL

小心者の私が実際に使っている方法なので、よければ土壇場に思い出してみてくださいね。