過食した次の日はどう過ごすべき?2日以内にリカバリーする方法

 

OLあかり

ストレスでまた過食しちゃった~~~泣

 

過食して増えた体重を運動なしでリカバリーする方法を紹介するよ!

アルパカ部長

 

 

こんにちは、生き辛いOLブロガーのあかり(@engawa_akari)です。

 

今回は、「過食した次の日にどう過ごせば憎き脂肪をため込まずにすむのか」紹介します。

 

食べることってすごく幸せですよね。

 

私はストレスを感じるとすぐに食に走ってしまいます。

 

OLあかり

何か口にしていると安心するんですよね…

 

終わった後はそんな自分に自己嫌悪…してしまうとさらに過食のループにハマってしまいます。

 

なので、今回は過食をしてもそれをリカバリーできる方法を紹介していきます。

 

1)体重が増えても慌てなくていい

 

過食してしまった次の日。恐怖の体重測定

 

OLあかり

ガーン!!

めちゃくちゃ増えてるー!!

 

でも慌てなくて大丈夫です。

 

前日に食べて増えた体重の正体は、ほとんどが水分だからです。

腸に排泄しきれていない食べ物が残っているので、その重さでもあります。

 

なので、過食した翌日に体重が増えていても脂肪として体についたわけではありません。

 

前日に食べすぎると、翌日、顔や足がむくんだりするのもこの余分な水分のせいです。

 

なので、体内の余分な水分を出すことができればすぐに体重を戻すことができます

 

2)体内の余分な水分を出すには?

 

OLあかり

体内の水分を減らせばいいなら、水を飲まなければいいのでは?!

 

そう思いますよね。

 

ですが、水を飲まないと、体内にある水分はさらに留まるばかりで排出されません。

 

体内の水分の巡りを良くするためにも水分補給は忘れずにしておきましょう。

 

 

緑茶には利尿作用があって体の余分な水分を外に出してくれるよ。

アルパカ部長

 

また、カリウムという栄養素は、余分な水分を体の外に出す働きをもっています。

 

カリウムを多く含むアボカド、バナナ、牛乳

利尿作用がつよいトマト等を食べるといいですね。

 

1回の過食でため込んだ余分な水分が抜ける目安は、1日~2日だよ。

アルパカ部長

 

3)過食した次の日にNGな行動

 

逆に過食した次の日にしない方がいい行動もあります。

 

それは、「過食してしまった自分を責めること」「ご飯を少なくしすぎる」ことです。

 

どちらもストレスで新たな過食を引き起こしてしまいます

 

特に、過食した翌日に食事を抜くことはしないでください。

 

食事は、回数が少なくなるほど1回の吸収率が高まります。

 

いつも通り3食。

少しカロリーを抑えて食べるくらいの気持ちでいるとストレス無く、自然に体重を戻すことができるよ。

アルパカ部長

 

4)まとめ

 

✅体重が増えても慌てない

 

✅体内の余計な水分を抜く

 

✅リカバリーは翌日~2日を目安に

 

✅食事は抜かない

 

✅自分を責めない

 

OLあかり

過食してもすぐに脂肪になるわけじゃないって知って気が楽になったよ~

 

そうだね。

それを知ってしっかりリカバリーすれば大丈夫。

 

過食を繰り返さないためにも自分を責めてストレスをため込まないようにしたいね。

アルパカ部長

 

 

 

この記事が参考になったと思ったら良かったらシェアしてね。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

アルパカ部長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください