褒め言葉を素直に喜べないあなたに知っていてほしいこと

生き辛いOL

こんにちは、生き辛いOLです。

褒められても素直に喜べない人っていますよね。

 

褒められても「本当かな?」「お世辞で言ってるんじゃないの?」と疑ってしまったり

何か裏があるんじゃないかと思ってしまうことってあると思います。

 

生き辛いOL

褒められても喜べないことと脳って関係あるの?

 

そう思うかもしれませんが、実はすごく関係しているこの2つ。

マンガを読んで、なぜ自分が褒められても素直に喜べないのか確認してみてくださいね。

 

1) 脳は身近な人からの言葉ほどつよく受けとる

 

関係が近いと、同じ言葉でもよけいにショックですね(泣

後輩

 

生き辛いOL

このように、脳は身近な人からの言葉ほどつよく受けとるようにできているのです。

2)1番身近な人はだれ?

生き辛いOL

これは、ほめ言葉をうまく受けとれない人にありがちです。

 

まわりから褒められても
「自分なんて大したことない」
「あの人に比べれば自分なんて」
と思ってはいないでしょうか?

 

これでは、まわりがいくら褒めてもあなたは自分に自信を持つことができません。

生き辛いOL

そればかりか「どうせ心の中ではダメなやつだと思っているんだろう」と思うと、やはり脳があなたの言葉をつよく受けとり、周りが自分のことをそう思っていると感じてしまいます

なんて怖い思いこみ…!;;;

後輩

 

生き辛いOL

これが、褒められても素直に喜べない理由なんです。

3)まとめ

 

褒められても自分が「ダメ」だと思えば「ダメ」な方を受けとってしまうんですね。

自分が1番近い人間だから。

後輩

生き辛いOL

そう。

だから褒め言葉を素直にうけとるには「自分はダメだ」という思い込みに気づくことが大事なの。

 

生き辛いOL

1番近い相棒の自分自身と協力して、褒め言葉を気もちよくうけとっていこうね。

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。