5秒で すぐ に 行動 できる人になる方法

 

時間はあってもやる気がない。

そのせいで仕事も生活もいつもやることがギリギリだったOLあかり(@engawa_akari)です。

 

やる気ってコントロールするのが難しいですよね。

 

やる気がなくても行動できる方法」の記事では、やる気がなくても自分を動かす方法を紹介しました。

 

しかし、できることなら頭で考えた瞬間すぐ行動できる人間になれたらいいのに・・・

そう思いませんか?

 

やる気がなくなる前に行動できる方法、あります。

 

本文では、

やる気がなくなるメカニズム

 

やる気がなくなる前に行動できる方法

この2つをお伝えします。

 

すぐ行動できる人になって、あなたの1日にもっと”余裕な時間”を増やしてみませんか。

 

 やる気が出ない原因って何?

 

そもそも、なぜやる気が出なくなってしまうんでしょう?

 

忙しい、疲れている、体調不良だ…

そんな時は、誰だってやる気が出ません。

 

でも、時間もあって元気なのに「なんとなくやる気がでない」なんて時もありますよね。

 

実はそれ、脳のせいなんです。

 

私たちが「あーあ、〇〇やらなきゃ…」と思うと、脳が「やらなくてもいい理由」を勝手に探しだします。

 

OLあかり

ありがた迷惑だねぇ~…

 

学生のころ、試験勉強の前にかぎって部屋の掃除をしたくなりませんでしたか?

あれも脳が「勉強をやらなくていい理由=掃除」を勝手に探してきて私たちはそれに従ってしまうのです。

 

「やらなきゃいけない」を先延ばしにすると やる気は下がる

 

やらなきゃいけないことを先延ばしにしていると、やる気は下がります。

 

なぜなら、脳は体力と同じように1日に使える力に限りがあるからです。

「勉強やらなきゃ…」と考えているだけで脳の体力はなくなっていきます。

 

脳の体力が少なくなるとさらにやる気が起きなくなる、という悪循環がおきます。

 

なのでやるべきことは、なるべく早くとりかかったほうがいいんです。

すぐに行動できる5秒の法則

 

では、やる気が無くなってしまう前に行動するにはどうしたらいいのか?

 

それは「〇〇やらなきゃ」と思ったら5秒以内にすぐ行動してください。

 

なぜ5秒なのか?

 

脳は「やらなくていい理由」を自然に探してくる、と前章で書きました。

しかし、いくら脳でも一瞬で探してこれるわけではありません。

 

5秒以内に行動すれば、やらなくていい理由」を脳が探す前に行動することができるのです。

 

ためしに、なんでもいいので5秒以内に行動してみてください。

 

👉「洗い物しなきゃ…」

1、2、3、4、、ハイ!!キッチンにGO!!!!

 

👉「洗濯しなきゃ…」

1、2、3、4、、ハイ!!洗濯機まわして!!!!

 

どうですか?

 

5秒以内であれば脳がやらなくていい理由を探す前に行動できるのでやる気がなくなってしまう前に行動できます。

5秒で行動できる方法 まとめ

👉脳は「やらなきゃいけない」と思うとやらなくていい理由を探しだす。

 

👉5秒以内に行動すれば「やらない理由」は考えられない。

 

とはいえ、最初からなんでも5秒以内で行動できる人は少ないと思います。

 

しかし、少しずつできる回数が増えていくと毎日のやることを劇的に早く片付けることができるようになります。

 

ふと思い出した時にこの「5秒の法則」を使う癖をつけ、「やらなきゃ」から解放された余裕のある1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください