生き辛さを変える最強テクニック!『ABプランカード』をつくろう

 

生き辛いOL

こんにちは生き辛いOLです。

 

もっと自分らしく生きたい

生き辛さから抜け出したい

 

そんな思いから、当サイトのメンタルケア方法を実践してくださる人が増えています。

生き辛いOL

ありがとうございます。

 

ですが、わかっちゃいるけどやっぱり悪い方に考えちゃう…という人も多いようです。

 

それもそのはず。

今までそういう風に考えるのが当たり前だったのだから、元の考え方に引っ張られてしまうのは当然のことなんです。

 

生き辛いOL

とはいえ、そのままだといつまでも生き辛いままですよね。

 

今回は、「こんな風に考えられたらいいのに」を自分に沁みこませる最強テクニック

ABプランカード

を紹介します。

 

「ABプランカード」って?

 

 

 

 

こんな風に

A:つい悪い方向に考えてしまった時に

B:どうするか

をカードに書いておき、それをもっておきます。

 

そして、A悪い方向に考えてしまった時は、カードを見かえしてBを実行してみるのです。

 

 

 

そうすると、今までのように悪い方に考えてしまった時もすぐに自分を引き戻すことができます。

 

生き辛いOL

スマホにメモしておくのもいいけど、書くことで脳につよく刻まれるので1度は書いてみるのがおすすめ!

 

なんでABプランカードを作るといいの?

 

なぜ「AならばBする」とメモしておくと、考え方が変わりやすくなるのでしょうか?

 

人間の脳は、「AならばBする」といったように行動の道筋を決めてあげた方が、より実行にうつしやすいという性質があります。

 

生き辛いOL

なにか目標を達成したい時、まず計画をたてますよね。

 

これも、ゴール(目標)までの行動(計画)を決めてあげた方が

私たちの脳は実行にうつしやすく、目標を達成しやすくなるからです。

 

また、ものごとを悪い方に考えがちな人は

① つい悪い方に考える
  ↓
② 落ちこむ、不安になる
  ↓
③ そんな自分を責める

 

このパターンをぐるぐる繰りかえして、どんどん暗い気持ちになってしまいます。

 

ですが、ABプランカードを作っておくと

 

①Aならば
(嫌われるのが怖い、と思ったら)

②カードを見る

③Bする
(どう思われようと私の価値は変わらない、と呟く)

 

このように、負のパターンから抜け出して、自分の行動を導いてあげることができます。

 

★生き辛いOLのABプランカード紹介

生き辛いOL

私が実際に使っていたABプランカードをいくつか紹介します。

生き辛いOL

カードを作る時の参考にしてみてくださいね。

 

A:自分の〇〇なところが嫌だなぁと思ったら

B:「こんな1面もあるんだね」
「でもあくまで1面」と呟く。

 

 

A:ミスした時に「自分はダメなやつだ」と思ったら

B:「ミスしたことと私の人格は関係ない。同じことを繰り返さないために対策を考えればいい」と呟く。

 

 

 

 

A:友達が少ない、内向的な自分に対して卑屈になったら

B:「それって問題ある?」とつぶやく。

 

だいたい問題ない

 

 

 

A:なんでこんなにやることがあるの?!と嫌になったら

B:紙にやることをすべて書き出してみる

 

実は思っているより少ない

などなど

 

生き辛いOL

カード無しでもプラン通りに考えられるようになったら、気持ちよく破りさってしまいましょう!

 

生き辛いOL

ぜひ自分のABプランカードを作って

 

「こう考えられたらいいのにな」

 

をどんどん実現していってくださいね。