About

 

「生き辛いOL」へお越しくださりありがとうございます。

 

当ブログでは、会社員をしながらうつ闘病中の管理人が

生き辛い思いをしている人

うつ病患者

に向けて、メンタルケアの方法心地よく生きるための考え方をお届けしています。

 

プロフィール

生き辛いOL  あかり(@engawa_akari

👉職業:会社員 うつ病で半年休職 → 復職しました
👉好きなもの:マンガ、心理学、旅

うつ病になるまで

「人の目を気にしすぎる」

「気を遣いすぎる」

「完璧主義」

「自分嫌い」

 

この4つを幼い頃からかかえていたせいで、私にとって「生きる」とは、とても息苦しいものでした。

 

「自分の顔が嫌い」「そんな自分が嫌い」でとにかく人の目を気にする。

「いい人でいたい」「人に嫌われたくない」から人に気を遣いすぎて疲れる。

完璧主義のせいで誉め言葉すらプレッシャーに感じる。

他人の失敗ですら何か自分が関わってるのでは、と怯える毎日。

 

そんな毎日のくりかえし。

 

そうこうしているうちに、社会人になって4年目で「うつ病」になりました。

 

私のうつの症状は次のような感じです。

・夜中に何度も飛び起きる。常に寝不足。

・電車や飛行機に乗れない

・明るい照明(蛍光灯)がこわい
・TVの音が受け付けない
・文字が頭に入ってこない(読めない)
・いつも「死にたい」
・勝手に涙がでてくる
・ろれつがまわらない

仕事にも支障がでていたため、会社と相談のうえ休職することになりました。

 

うつ病との闘い

休職期間が始まり、緊張の糸が切れたかのように1ヶ月寝たきりになりました。

 

ご飯は食材宅配サービスか出前。

外に出られる日はコンビニで買いだめ。

身体が動かず3日間お風呂に入れないこともありました。

寝たきりなので体力も激減。

駅の階段すら登れなかった時は情けなくて泣いてしまいました。

 

しかし、とにかく休養していたおかげで少しずつ起きていられる時間が長くなっていきました。

外出できる時間も1時間から、2時間、3時間…と、少しずつ伸びていきました。

 

この頃から図書館に通って「文字を読む」リハビリを開始。

 

その甲斐あり、本が読めるようになりました。

私は、うつ病や心理学に関する本を読み漁るようになりました。

 

そこで得た知識や考え方のおかげで私の「生き辛さ」は大きく変化していき、うつの症状も次第に安定していきました。

この知識を同じように苦しんでる人たちに届けたい!と思い、始めたのがこのブログです。

 

現在

 

現在は、もとの会社に復職し、自分でできるセルフメンタルケア方法を中心にブログやTwitterで発信しています。

今でもうつ病の治療で定期的に病院へ通っていますが、おかげさまで症状は安定しています。

 

お問い合わせ

管理人へのお問い合わせ・お仕事の依頼等はお問い合わせフォームからお願いします。

 

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。

このブログが、あなたの「生き辛さ」を少しでもやわらげるものになれば嬉しいです。

 

生き辛いOL あかり